So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年11月12日 DYFC 熱海港/ November 12, 2016 DYFC Atami harbor [釣り三昧(その他)]

 

娘から言ったんですよ。
DYFCに入りたいって。
決して私が強要したわけじゃ有りませんので。
That's said by daughter.
Not by me. I don't force her to participate it.

で、DYFCとはDaiwa Young Fishing Clubの事で、いわゆるダイワ主催の子供の釣り教室です。
DYFC is DAIWA young fishing club so called school of fishing for children presented by DAIWA.
IMG_3663.JPG

初めての参加ということもあり、これに興味がある方にも分かりやすいよう、親の視点でどんな流れだかを追って記します。
This is the first time for us to participate it, so l will describe a flow of the DYFC in view of parents for person interested in it.


入会後に暫くすると、スクールのパンフレットが自宅に郵送で届きます。
今回は、海釣り2つのトラウト2つがありました。
For a while after joining the DYFC, you can get an envelope with pamphlets of kind of schools.
In our case, there were four classes of information included in two saltwater fishing and two trout fishing.


今回は、海釣りのスクールに応募。
抽選で選ばれると、当選ハガキか届きます。
This time, we requested for saltwater fishing class.
If your request was elected, you'lol get an elected card.


当日は、熱海港(現地)に8時から受付開始。
普段は有料の駐車場も「DYFCでーす!」というと、無料になるという。
On the day, a reception is started from 8AM at the Atami harbor (actual place).
What a good is that a parking fee is free with your voice 'we're DYFC'.


遠目から見ても1発でわかる、オレンジ。
DYFC having its image color as orange. That's so nice to realize where is a place of reception from far way.
IMG_3668.JPG


時間が来ると、受付開始。
The time has come, the reception is started immediately.

当選ハガキを見せて、
Show the election card to DYFC staff,

参加費(今回は2500円)を払うと、
Pay a participation fee(¥2,500 in the time),
IMG_3667.JPG

名札、ライフジャケットの装着。
Equip life jacket on the name card of student.
IMG_3664.JPG


8時半から開校式
An opening ceremony of school from 8:30AM,


先生の紹介に
Teachers are introduced ,
IMG_3666.JPG

危険な魚クイズをしてーの
Quiz for dangerous fishes,

仕掛けの紹介。
Teach rigs used in the day, and
IMG_3665.JPG

9時きっかりに、講義は終わり、子供達は竿を受け取って堤防へ移動。
Children receive tackles and migrate to the field of fishing at 9AM.
IMG_3662.JPG


はい、ここからはスクールなので、親の入場は制限されます。
Then, parents are banned entering the field because of that's school.

IMG_3641.JPG
(Photo by DAIWA)

自由時間は久しぶりのデート(笑)
So it's free time for parents, and can go sightseeing.

色々下調べした結果、
シルバーのリングを作ってみよう!
となって、アトリエラウトさんhttp://atelier-laut.com/top_page.htmlへ。(港から徒歩20分くらい)
In our case, we try to form a ring of silver at an atelier Lout (how far is 20 minutes with walk from the harbor).
IMG_3661.JPG
想像以上に楽しかったんですが、
なんと、かかった時間は3時間。
Forming ring is so fun but time for forming is about three hours.


その後、急いで食べた昼食は、ラウドさんでお勧めされた味里さんhttp://r.goope.jp/misato
After that, we take a lunch at Misato recommended by the Laut.
IMG_3660.JPG
私は鯵のたたき定食、妻は海鮮丼で。
物凄い美味かったですよ!
久しぶりに良いもん食ったような!
I ordered mackerel set meal, my wife was bowl of rice topped with sashimi.
Both are delicious unbelievably.


時間がない中、近くの干物屋さんで慌てて干物詰め合わせを買いまして(無添加の干物で超美味でした)。
And we bought dry fishes in the dry fish shop nearby the lunch place in short time, that is additive free fishes and super yummy.
IMG_3659.JPG

釣り教室が終わる13:30に、ギリギリ港に到着。
We can get back to the harbor by 1:30PM that is supposed to finish the class.
IMG_3658.JPG

「釣れなくて泣いてるかもねー。」なんて予想してたんですが、
娘はこの通り、近年稀に見る笑顔爆発中。
'She might cry with no fish' of our forecast is fortunately incorrect.
She looks so happy like that photo!
IMG_3655.JPG
「まさかこんなに釣れるとは!」とか叫んでたので、何匹釣ったのか気になっていましたが、6匹のイワシでした。
'I got so many fishes more than my expectations!!' She shouted. Her cooler box has six fishes that made her satisfaction.


で、閉会式。
Closing ceremony.

このスクール、何グループかに分かれて実施されたのですが、
そのグループ対抗戦で1番長い魚を釣ったグループには景品がもらえる、というものもあり。
Actually tournament was held in the class.
Students was divided to some groups and one of the group member getting longest fish become winner.

この日の最長魚は、18センチのカサゴだそうです。
Today's longest fish was rock fish of 18 centimeters.

で、
クジ引きで生徒全員に何らかのダイワグッズがアタリ。
In addition all of students get some DAIWA tools with drawing lot.
IMG_3656.JPG
最後はじゃんけん大会で、保護者にもダイワのインナーが当たるという。
Lastly few parents get DAIWA inner ware with rock paper and scissors.

こんな感じで、14:30頃スクールはつつがなく終了しましたが。
That's all of DYFC finished at 2:30PM.

まだ特典が有りまして。
近くのスパ熱海というところ、DYFCと言うだけで、子供の料金が無料になるという。
There is the other benefit.
Service facility charge of spa of Atami is free if you are DYFC.


ということで、最後は家族でお風呂に入り、疲れを取ってから、帰路に着きました。
Therefore we got hot springs and get the way to home.

娘の将来の夢:DYFCの先生になる!
だそうです。
After that my daughter's dream is becoming DYFC teacher!!
IMG_3657.JPG

凄く良い体験をさせていただきました。
グローブライド様、ありがとうございました!
That's so great experience for not only my daughter but also me and my wife.
Awesome DYFC!! We're appreciated to DYFC!!!

2016年11月3日 アメドリ [釣り三昧(霞ヶ浦)]


釣行者…山本さん&おしょう

IMG_3616.JPG

結果はこちらでお願いします。

IMG_3624.JPG
まー悔しいですね。
結果論ですが、優勝者と同じ場所で、狙い方もほぼ同じでしたから。

かたや優勝、かたやノーバイトって、何なのでしょう?
IMG_3621.JPG
こーゆーのを本当にモッテナイとでも言うのでしょうか。。。


また来年っ!


2016年10月23日 BMCトーナメント/ October 23, 2016 BMC tournament [BMC]

 
釣行者・・・おしょう/ Angler Osyou
釣果・・・優勝(3170g/3匹)/ Result Win
BMCの松屋ボートレンタル戦、第1戦に続き、連勝させていただきました^_^
メンバーからは「釣り過ぎスノヤワラ出禁」等のお叱りを受けました(笑)
I win the rental low boat tournament of BMC series continuously since 1st tournament of the year.
Some of BMC members said that I'm banned fishing in the Sunoyawara region because I always catch too much fishes(laugh).
IMG_3596.JPG
さて、
まずは前日の土曜プラクティス
A previous day, Saturday 
実は、金曜日の会社の歓迎会にて午前様、
酔いを抜いて車に乗り、なんとか現地へ。
釣りよりも、Helix振動子とHDS振動子の取り付けが悪かったので、
そっちのセッティングに四苦八苦でした。
結局、ステーに穴を開けなきゃ付かない、ということになり。
Actually it was too hard to come to the boatyard because I drunk too much in the welcoming party of our company last night.
And I must attach transducers, of HDD and of Helix, to a motor head of motorguide.
There is no preferred stay, so we must make a hole to conventional attachment.
IMG_3569.JPG
無事に取り付けてフィールドに出れたのは10:30(笑)
正直2日酔いもあって頭痛が酷く、釣りをしようかどうか迷ったくらいだったので、14:00にはダウンしました(爆)
I was able to start fishing at 10AM after attaching the transducers.
To be honest, I was bighead and can't stand fishing at 2PM(bomb).
プラクティスの結果は、6バイト3フィッシュ。
The practice was six bites and three fishes.
シャローの風当たりの裏と、真珠棚のそれぞれで1300クラスを釣りました。
後は、ブレイク隣接の葦で2匹ミスして700を1匹、という感じでした。
I got two 3 pounders in the shallow and vertical structure.
The other, I got 1.5 pounder at reeds nearby break.
IMG_3577.JPG
簡単に釣れる感じはしませんでしたが、
3キロは釣らないと勝てないかなぁ、
と予想しました。
また、魚の動きが、
ある程度、ベイトの動きとリンクして、
シャローとディープの間を彷徨ってる
というイメージが湧きました。
I felt it's not so easy to fish but need to gain more than 3,000g for winning the tournament.
And I called up an image that fishes migrate between shallow and deep based on baifishes.
ということで、試合当日は、
ローライトで魚が動き出す前はシャロー、
日の上り具合と水の濁り具合を見ながら、徐々に狙うレンジを深くしよう、
というプランを組みました。
So I hatched up a plan:
Fish in the shallow before baits moving with low light condition, and
Change the depth according to light position and water clarity.
ちなみに、
新利根川は2週間前に軽く2時間ほど入ったのですが、
1.5-2mラインで300-700の魚が4匹と、
サイズが選べないことが分かったので、
メインエリアからは除外。
スノヤワラで勝負です。
Then I gave Shintone river up as difficult to catch winning fish. 
Two weeks ago, I checked this river and caught four fishes, 300g - 700g among 1.5-2m column.
That's why I gave there up.
試合当日/Tournament day, Sunday 
試合スタート後、スノヤワラに出たタイミングで風の向きを確認。
1番吹き付けてそうなエリアに入って、チャターベイトを投げます。
霞ではSTEEZカバーチャターが完璧ですね。
At first, when I go out to the Sunoyawara, confirm a direction of wind.
I choice a stretch blowed strongest wind and use the STEEZ cover chatter.
The STEEZ cover chatter is perfect for this water system.
そして、そのファーストストレッチで、
幸先よく3バイト2キャッチ、1200クラスと800クラス。
折り返し流そうと踵を返すと、
他のボートが2艇入ってたので、
別のエリアに移動。
Luckily I got three bites two fishes, 1200g and 800g in the stretch.
So I try to fish in the same sot again, but there were already in two anglers.
同じような条件の場所を引き続き巻きますが、
暫くノーバイトが続きます。
風のせいで魚が動くのが早くなったかな。
と感じ、
取り敢えず3匹リミットを揃えてしまおうと、ディープ隣接の葦へ。
I'm keeping into as same like area but nothing.
'Fishes move faster than my expectation ' I thought.
I decided to make a limit and go to reeds area nearby deep.
昨日、リアクション系のワームで2匹ミスっていたのですが、バイトが浅過ぎたのが原因と考え、少し誘いの要素が入ってバイトが深くなるワーム、ドライブクローの4インチをチョイス。
I missed two fishes with reaction bait yesterday, so choice the Do-live craw(OSP) acting more bait likely action.
1度、強風でラインが靡いてしまい貴重なバイトをミスりましたが、
次のバイトはしっかり取って、想定通りの800クラスをキャッチ。
Then I can got 800g and make limit.
さて、リミットは揃いましたが、現在3匹2800g予想と、
3キロには届きませんので、1発を狙って真珠棚へ。
However my target weight is 3000g over so move to vertical structures for culling.
7:30-10:00位まで粘りまして、1匹掛けたのですが、ファイト中に意味不明のフックオフ。
I fished in the area in 7:30-10:00, and hooked up once but no catch.
そして、風がかなり強くなったので、
ブレイクラインのクランキングをしようと、場所を変えたら、
レンタルボートでは強風で恐怖な場所に豹変してまして。。。
普段からバスボートで釣りしてることの有り難みを感じました(笑)
The wind is stronger gradually, so I try to middle column cranking.
But it's impossible to fish on the rental low boat in the waves made by strong wind.
I can feel the bass boat is incredible!
安全のため、新利根川に入って釣りをするも、
やりたいところは人が入ってるし、
何より試合ではなく単なる釣りになってる感じが嫌気を誘い、
13:00にもう一度スノヤワラを見に行くと、微妙に風がやんでる?
For safety, I'm in the river.
... I'm not in the tournament as long as in the river. That I feel.
So I try to go out to Sunoyawara under a little settlement wind condition.
真珠棚で勝負です!
とやり続けること45分。
痺れるバイトを感じ、無我夢中でキャッチした魚は1200クラス!
これで入れ替え、目標の3キロは越えました!
これで帰着。
結果、ビッグフィッシュを含む3170gで、2位とは1キロ以上のマージンを取って優勝する事ができました^_^
It's the time to match!!!
Keeping in my mine sharply, get a big bite dramatically!!!
I can grab 1200g fish, success culling, and achieve my target weight!
As a result, I gained 3170g/3fishes pushed me up to winner with big margins from second place.
IMG_3584.JPG
なお、
6位は藤田くん(1匹1080g) 
5位は岡部さん(3匹1290g)
4位は浦野さん(2匹 1420g)
3位 は桑原さん(3匹1680g)
2位 は熊倉さん(3匹1730g)
という結果でした。


皆様、お疲れ様でした!
Thanks for participants!!!



IMG_3594.JPG
Tackle1
Rod: DAIWA U.S trail 661MHRB
Reel: DAIWA STEEZ 100H
Line: Seaguar InvizX 17lb
Lure: DAIWA STEEZ Cover Chatter
Tackle2
Rod: DAIWA STEEZ Hustler 
Reel: DAIWA STEEZ 103H
Line: Seaguar InvizX 15lb
Lure: O.S.P Do-live craw 4inch +1/4oz bullet shinker
Tackle3
Rod: DAIWA STEEZ Harrier
Reel: DAIWA STEEZ 103H
Line: Seaguar InvizX 15lb
Lure: Gene Larew Biffle Bug +football jig head


10月の三連休は/Three days off of October [釣り三昧(霞ヶ浦)]



土曜日/Saturday 

山本さんと一緒に霞ヶ浦を楽しみました^_^
I enjoyed the lake Kasumigaura with Yamamoto-san, Nories pro staff.

秋のイメージを検証しに行きましたが、釣果が伴わず。
I tried to confirm wether my image of field condition is right or not. At first, we can't get any bites so the image might be wrong.
少し季節を早めた場所にシフトすると、それが当たりだったみたい。
トントントンと連続バイト。
I adjusted the image to late season from the previous image, then we gained many bites.
IMG_3483.JPG


午後は新利根川とスノヤワラでの釣り。
After the lunch, we were in the shintone and Sunoyawara.
IMG_3489.JPG
 

クランクやワームとかでも釣って、更に確信が深まりました。
We got fishes with crank baits, dropshot, and so on, and our understanding being more deeply.
IMG_3492.JPGIMG_3498.JPGIMG_3499.JPG


最後はフロッグで締めたかったのですが、バイトまで出したものの、フックアップ出来ず無念。でした。
Lastly I wanna get fish with frog, and gained explosion but not to hookup. Chagrin...


日曜日は、ちょっと早いですが、娘の七五三のお宮参り。
On Sunday, we, my family went to shrine as my daughter's Shichigosan that's a traditional event of Japan.
IMG_3501.JPG


月曜日は、家族で初めての梨狩りに行って、
御義母さんのお墓詣りに行って、
久しぶりに、我が手作りハンバーグを娘と作って終わりました。
On Monday,
We, my family went to pear picking as first,
Visited the grave of my mother in law, and
Cooked hamburgs by myself for my family with my daughter.
IMG_3512.JPG

あー楽しく有意義な三連休でした^_^
The three days off was significance!!


2016年9月24日25日 霞ヶ浦 BMC×KKトーナメント/ September 24&25, 2016 lake Kasumigaura BMC*KK tournament [BMC]

 

プロショップケイズの加瀬社長の協賛で開催されたBMCトーナメントに、修弥さんのバックシーターとして参加してきました^_^
I participated in the BMC tournament supported by Pro Shop K's with Shuya Akabane, Daiwa pro staff, as co-angler 

24日 プラクティス
On the 24, practice 

IMG_3445.JPG
ここ連日の雨により、霞ヶ浦は増水状態。
修弥さんの鬼レーダー(失礼^^;)が冴えて、コンディションの良い魚を各所で確認することができました。
The lake was flooded by heavy rainy days.
We can confirm areas having good metabolism Basses by Oni-leader of Shuya-san.
IMG_3447.JPG

25日 試合当日
On the 25, tournament 

IMG_3458.JPG
本湖縦ストラクチャーとシャローを攻めて、リミットは揃えたものの、大きいのが出ない(>_<)
We approached vertical structures and shallow water. We can make limit soon, but can't get big one.

IMG_3468.JPG
という感じで、結果2320gでフィニッシュ。
8位でした。
As a result we gained 5.1 pound placed 8th.

結果は届きませんでしたが、エリア選択や試合運びなど、大変学ぶことが多かったです。
何より、船上の会話が楽しかった^_^
We can't reach top rank but I can learn any items from Shuya-san's fishing style.

修弥さん、ありがとうございました^_^
I'm so appreciated, Shuya-san!!

参加者の皆様、お疲れ様でしたm(_ _)m
Thank you for all participants!!

2016年9月22日 相模湖/ September 22, 2016 Sagami reservoir [釣り三昧(その他)]

 

色々と勉強になった七色ダムの試合。
The classic tournament in the Nanairo reservoir was so well for my experience.

image.jpeg

行きと帰りの車は、あの古沢さんと一緒でした。
I was gathering with the Katsutoshi Furusawa in the car of outward and return.

その車中---
思ったこと、感じたことを復習したいから、今度の祝日は、リザバーに行こうかなぁ。
とボソッと独り言を言ったんですね。
Then, I said I wanna go any reservoir next national holiday for reviewing the Nanairo.

そしたら---
相模湖で濁りの練習をするつもりだけど、よかったら一緒に釣りする?と!お誘いが入りまして^_^
Katsu invite me to the Sagami reservoir for fishing with him for reviewing.

本当に良いんですか!?
一緒に(七色で)涙を流した仲じゃないか(笑)
" Seriously?"
"Sure! We are buddy crying in the Nanairo."

とのことで(笑)
久しぶりに行ってきました!相模湖へ!
Hence, I went to the Sagami reservoir long time no go.

image.jpeg

天気も七色と同じく大雨の中、サガゾン川と化したジャブロー相模湖を満喫(笑)
The weather was stormy rain as same as Nanairo.

チャターベイトメインにクランクベイト、スピナーベイト、バズベイトのローテーションで1日やり通しました。
We threw chatter bait mainly and the other moving baits whole day.

7割くらい「前やっていいよ^_^」と。
Katsu suggested "you can operate motor" that so appreciated.

image.jpeg

エリアは、七色の復習ですから、やっぱり川筋をやりきりまして。
Types of area was kept in the river, cause our purpose was reviewing Nanairo.

image.jpeg

辛うじて2バイト1フィッシュ!
Result was two bites one fish!!

image.jpeg

いやーマジでジャブローに散るかと思いました^^;
It was severe conditions and I steel for no fish at once...

また、古沢さんの操船の時も、ボートポジション等がかなり参考になりました。
And I can study for positioning of boat with watching Katsu's operating motor.

image.jpeg

釣行後に一緒に夕飯を食べたのですが、色々とお話を伺い、やっぱり、自分のいままでのスタイルが、頭を硬くしていたみたいで、この釣行は本当に行ってよかったです^_^
正直、プラクティスのやり方から変える必要がある事まで気づかされました。
After fishing we took dinner and talked about techniques. Then I realized that my fishing style must be change. So this opportunity is valuable for me.

そうそう。
この日は、メインレイクを巻物で攻めた人が、良い釣果を出したみたいです。
我のせいで川に縛ってしまい、申し訳なく。。。
The other information, someone gained good result in the main lake with spinnerbaits and crank baits.


しかし、本当に感謝しても仕切れないくらい、大きなステップアップに繋がったと思います!
古沢さん、誠にありがとうございました!
Anyway, today's fishing made my skill up!
I'm soooo appreciated, Katsu!!!


2016年9月17日18日 七色ダム(2016バスオブジャパンクラシック)September 17&18, 2016 Nanairo reservoir ( Japan BASS Nation Classic) [バスオブジャパン]

image.jpeg
Photo by Japan BASS Nation officials

通常ならば、アメリカ行きのチケットを賭けたファイナルトーナメントになるはずだった、今回のクラシック。
The classic tournament as the final tournament might be competed for getting ticket to America.

ところがどっこい、ポイント制のため、今大会で例え優勝したとしても、アメリカへのチケットは取れないという立場。
However if I win the tournament, I can't get the ticket because the standing system built with point system.

でも、せっかくのクラシッククオリファイなので、参加してきましたm(_ _)m
But I participated it with rare qualify for classic.

image.jpeg

場所は三重県?七色ダム。
結果的に、行きは10時間、帰りは9時間掛かりました。
The place of tournament was the Nanairo reservoir in the Mie prefecture.
I needed time 10 hours for going lake and 9hours for backing home.

17日 前日プラクティス
Sep. 17 practice 

image.jpeg
Photo by Japan BASS Nation officials 

初めての七色ダムです。
It's first time to fish in the Nanairo for me.

因みに、ボーターは片岡さん、ホームレイクの1つということもあり、エリアに関しては、完全にお任せです。
Then my boater is Soshi who has the Nanairo as one of his home field, so not to need to select the areas.

魚の状態を見てあげて、五本制限のタックルの範疇で対応しうるリグを模索するプラクティスをしました。
I checked positions and conditions of basses and seek five rigs for using tournament.

なんとなく感じたのは、まだ夏の色が強いけど、少しだけ秋を意識しはじめてるかな、といったところ。
I felt the season is still summer with little autumn.

結果は5バイト3フィッシュ。
深いところはベイトが沢山いて釣れそうでしたが、我にはあんまり向いてなさそうで、コンディションがあんまり。。。
Result of practice, I got five bites and three fishes.
Deep column had a lot of baits but it was not so good for my style. If I caught, the condition was poor...

逆に岩盤に浮いてる魚は、結構コンディションが良い感じでした。
Alternatively, fish in subsurface column looked metabolism.
image.jpeg

岬周りや流れ込み周辺など、カレントが利くところに魚が集中してる感じでしたが、スクールという感じはしなかったです。
これが、夏引きずり少しだけ秋、と感じた理由です。
Areas having active current, ex. around point, water flowing and so on, hold active fishes I caught. But I feel these ware not schooling. That's why I felt the season above.

また、浮いてるくせして、ノーウェイトのリグでは無反応で、得意の?ジャークベイトは、デカイのが見に来るくせして止めるとバイトしない、という状況。
我の場合は、重めのネコリグとかフットボールでストンと落としてあげるとフォール中に食う、というパターンしか見つけられませんでした。
I felt Fishes being cruising in subsurface being not interested in no weight rigs( slow falling), reacted for jerking but when stopping the bait fishes ignored jerkbait.
I can find only one pattern that using fast vertical fall with Neko rig or football jigs.

そんな訳で。
気持ちとしてはジャークベイトを見に来たデカイのを取りたいが見切られるからソフトジャークベイトのフルークがメイン。
縦のフォールはフットボールだと根掛る確率が高くなりボーターの邪魔になりそうな事から、直リグとネコリグ。
ほか、深いところ用にキャロライナリグ。
そして、何かの時のために、比較的距離が出せるトップウォーターとして、野良ネズミ。
で組むことにしました。
Therefore,
Mainly my choice was soft plastic jerkbait instead of hard jerkbait,
secondly, Neko rig and Zika rig for vertical falling,
The others were Carolina rig and small topwarter bait called Nora-nezumi.

試合当日
The tournament day

スタート前「はじめに謝っておきます。今日は後ろは釣れません」と片岡さんに言われました。
Soshi, my boater said ' I apologize you at fast, back seater will not able to catch any fishes.' before starting tournament.

個人的には、まぁそれでも良いかなと。
アメリカへの可能性がないこちらに対して、彼は頑張れば取れる位置。
In my opinion, it's not bad because he had possibility to get the ticket for America but I'm not.

逆に、彼が取れる魚は、しっかりと彼が取れるよう、魚をこちらに引っ張らないようにしないとダメかな、と思いました。
Also I thought that I keep in mind not to draw his fish to my lures.
image.jpeg
で、彼は得意のチャターベイトを投げます。
こちらはフルークです。
He choices chatter bait, I choice fluke.

で、開始3投目くらいで、たまたま、我のフルークにキーパーかつかつが釣れました。
And I caught just size of keeper accidentally in three casting after starting tournament.

想像以上に船の流し方が速いので、ジャークというより、ストレート引きに反応しました。
His boat control speed was so fast so my action was straight action draw bites.

これは確かに、チャターベイトかスピナーベイトなどの高速に巻ける物で、リアクションを狙うのが良さそうかな、と感じた直後、片岡さんは3バイト1フィッシュ。
Based on my fish, the field condition was much with using chatter bait that I thought, then he got three bites one fish.

ここから、片岡劇場が幕を開けたわけです。
After that the Soshi theater was opened.

国道と県道が閉鎖されるというアナウンスがあったほどの豪雨の中、行くところ行くところ、片岡さんのチャターベイトが火を噴きます。
All of areas of his choice were tetoris for his chatter like a bass volcano !

我はというと。
想像以上にショアに近いボートポジション(竿2本分くらい)とスピードの速さから、正になす術なし!でした。
「後ろには釣れません」とは、こういうことか。と納得。
Me?
Boat position was near by shore and moving speed was too fast, so I can do nothing!
'Back seater will be not able to ...' Convinced.
しかし、クリアウォーターで、この距離でも魚が釣れると言うことと、何故このポジションで魚が反応するのかが、釣りを見ててなんとなく理解できたので、我にとってはかなり収穫ありです。
However it was good experience for me with watching his fishing.

試合中は、しきりに、暫定1位の古沢さんのことを気にしてました。
「深いところの魚は小さいから、深いところ狙ってる人には負けへんと思う。」
「狙ってる魚は、トップウォーターでも釣れちゃうから、古沢さんの得意なアレ(ドラフトウェイカー)やられるのが1番怖いわ」
「(古沢艇を見つけて)あの位置で釣りしてるなら、勝てるかも。(シャローの魚の存在に)気付かんといて!」などなど。
In the time of tournament, he always mind Katsutoshi being first standings now.

9時半位には、多数の入れ替えを実行し、キーパーかつかつ1匹の我を尻目に、700gの魚をポイポイ捨てるという。。。
He culled a lot of fishes not to care of me having only a small fish...
image.jpeg
その後は、雨が止んだタイミングで、1500クラスを求めて上流に行き、ジャークベイトにて800gの魚を釣って入れ替え。
After that, we moved up to back water for aiming 4 pounder, but he caught just two pounder with jerkbait.

結果的にこれが彼の最後の魚になって、帰着。
As a result the jerkbait fish was last fish and weight inn.
image.jpeg

結果は、このぶっちぎり様。。。
Result. He punched out with incredible margins.
image.jpeg
Photo by Japan BASS Nation officials

そして、アメリカへのチケットもゲット。
いやいや、おめでとうございましたm(_ _)m
And he got the ticket for America!
Congrats Soshi.

参加者の皆様お疲れ様でした!
Very long day for all competitors!!
image.jpeg
Photo by Japan BASS Nation officials

本音を言えば、もうちっと、まともに釣りがしたかったっす^^;
が!バスオブメンバーとの交流はかけがえのない時間でした! 
To be honest, I wanna do fishing seriously...
Talk with competitors was priceless! 


2016年9月11日 霞ヶ浦(BMCトーナメント)/September 11, 2016 lake Kasumigaura (BMC tournament) [BMC]


釣行者…おしょう&ゆうこさん
釣果…4位−3030g/3匹
Anglers: Osyou&Yuko
Result: 4th place with 6.68lb/3fishes

本当は、前日に練習に入りたかったのですが、妻の体調不良で看病したり、娘をプールに連れて行ったりと、不可能でした。
I could take a practice previous day, but can't. Because my wife's condition was so bad and need to nurse. And also I should take my daughter swimming school.
image.jpeg


と言うわけで、ブッツケ本番、久しぶりの霞ヶ浦です。
Therefore I join the BMC tournament in the lake Kasumigaura without any practice.

今回は信頼のバックシーターゆうこさんが居るので、まぁなんとかなるだろう、と思ってました。
My buddy was Yuko, my trust. So I didn't have worry for the tournament.
image.jpeg

ちょっとナーバスな時期なので、詳細は伏せますが。
基本的に前で巻いて、後ろでフォローしてもらう、という展開をしました。
Basically I use crankbait sand Yuko use right rig.

ゆうこさんはショットワッキーの玄人なので、安心して任せられます。
Yuko is well using a shot wacky rig that I relied to get fish.

先ずはファーストスポットで、ゆうこさんに300,600,650。
我に900。
At a first area, Yuko got 0.7lb, 1.3lb, 1.5lb, and I got a 2 lb.

これで、3匹で大体2キロくらい。
その他ミスったりなんだりで、ウェイトはこれ以上伸びず。
Then we gains about 4.5lb/3fishes.

その後は、本湖の縦ストをランガンして、バイト多数、ミスもあったりしましたが、最後に1300を追加。
After that, we run and gun for vertical structures in the main lake, finally got a 3pounder.

入れ替えて3キロ弱位かなー。
Culled fish and might be less than 6.5lb.
image.jpeg
と思ったんですが、3030gで4位でした^_^
The proper result was 6.68lb made us 4th place.

優勝は北利根の護岸と本湖東岸のブッシュで、3300g位でしたっけ?
Winning pattern was fished at sea walls in the Kitatone river and brushes in the east shores.

参加者の皆さん、お疲れ様でした^_^
Thank you for all participants!!

Tackle
Rod: Gaptools Boa68
Reel: DAIWA zillion 100PP crazy cranker
Line: VARIVAS dead or alive nylon 14lb
Lure: JumpingTomatoLures The Columbus 

Rod: DAIWA STEEZ Skyray power plus
Reel: DAIWA T3 AIR
Line: DAIWA ADES 10lb
Lure: GaryYAMAMOTO kut tail 4inch with dropshot rig

不行釣 [日々日常也]

先週土曜日の芦ノ湖から、釣りに行かない週末を過ごしました。

道の駅に行ったり
image.jpeg

姪っ子と遊んだり
image.jpeg

台風でヤラれたボートカバーを修繕したり
image.jpeg

アメリカの気分を少し楽しんでみたり
image.jpeg

猫の国でお祝いしてみたり
image.jpeg

コレが「オフ」というものなのだろう。
と感じた次第です。

さて、今週末からは試合3連荘。
霞ヶ浦→七色ダム→霞ヶ浦

期末の9月は飲み会が多くて体力が心配ですが、頑張りますm(_ _)m

2016年8月27日 芦ノ湖/August 27, 2016 the lake Ashino [バスオブジャパン]




あれだけ練習に入ったにも関わらず、本番でノーフィッシュという結果が悔しくて。
復習しに再び芦ノ湖へ行ってきました。
The result of tournament as no fish made me so sadly instead of a lot of practices.
That's why I decided to go the lake Ashino again for re-learning.

今回は、フェイスブックで声をかけてくれた、野尻湖戦で組ませて頂きました本多さんにお付き合い頂きました^_^
Mr. Honda, boater of mine in the previous tournament, come with me this time.

image.jpeg

ボートは今回、本多さん行きつけの湖水荘さんにお世話になりました〜。
And we used rental boat of the Kosuiso that Mr. Honda always use.

復習ということで、本番と同じく、先ずはエレキのみ、桟橋をやってみましたが、ボツ。
At first we cast to the pier as same situation as tournament, but no chance.

まぁ、放流バスのパターンは本番でも切っていたので無問題!
It's no problem because I've not aim to catch stock basses in the tournament.

ネイティヴを狙いに本湖の岬や桟橋を回ります。
Next, we aim to get natives at points and piers.

水位が多少回復したお陰か、ジョイクロへのチェイスが半端ない!!
けど、喰いません(>_<)
Many big basses chased my Jointed Craw but I can't draw a bite.

結局のファーストフィッシュは、得意の?ジャークベイト。
As a result, I got a first fish with jerkbait, my favorite method.
image.jpeg
キロちょい位でしょうか?
It might be 2.5pounder.

8:30を周り、試合でキーパー場と考えていた二箇所を回ります。
6mラインのウィードで、ドロップショットです。
Pasted 8:30, we visited two places that I thought keeper area in the tournament.
I was dropshoting in the 20feet weeds area.

すると、ノンキーもかなり混じりましたが、ジャストキーパー2匹に700位のナイスキーパーが釣れました。
Then I caught two just keepers, one 2pounder and many non keepers.

これで4つ。
13:00迄にあと1つ釣りたい。
I caught four fishes so far. I wanna got at least one fish by 13:00 finish time of tournament.

本多さんの提案で、ワカサギが溜まりやすいエリアへ。
本多さんは本当に親切に色々と教えてくださいまして、また、ここは我も練習で沈みものを多数チェック済みなので、狙いどころが分かります^_^
Mr. Honda suggested me area holding bait fishes.
Mr. Honda is really kind man! Very thanks!!!

そこで、ジャークベイト!
In where I used jerkbait!!

ファーストバイトはノセラレズ(>_<)
セカンドバイトでドカン!と2キロクラスが!
重量級をロングキャストで掛け、遠くで跳ねる美しい姿を目に焼き付けながらハンドランディングを試みるも、ボート縁にて3度目のジャンプで無念のフックオフ(>_<)
I can't hook fish up at the first bite.
But at the second bite, I can!!
It's might be 5pounder! I saw a beautiful view of jumping monster bass.
However we missed hand randing... 

まぁ、でも良いのです。
今回は復習。状況の変化にアジャスト出来てることを感じられただけで幸せです^_^
It's ok! I felt I can adjust the situations!

そのエリアでは、他にも2バイト有りましたが、のせられませんでした。
ロングキャストでのフッキング、課題が1つ増えました^_^
After that I can get two bites but not to catch.

目標としてた13:00を回ると、もう終わりだよ、と言わんばかりの豪雨と暴風に見舞われます。
かなり良い状況に感じましたが、なんと、何をやっても一切ダメ(>_<)
16:00まで粘りましたが、追加無しでストップフィッシングとなりました。
Targe time 13:00 was pasted, the heavy rain and wind is broken.
It seemed so good but the real was not so good.
We can't gain any more bites and stopped fishing at 16:00.

image.jpeg
一応、写真撮影。
で、ナイスキーパーがロケットでいなくなり^^;
ジャストキーパー2匹(笑)
The nice keeper rocketed from a livewell.
So I'm having two just keepers I the photo.

そんな感じで、復習としては、かな満足した釣行になりました^_^
Described above, I satisfied the day as re-learning.

本多さんから教わったこともかなり有るのですが、秘密です(=^x^=)
ご了承くださいm(_ _)m
I must keep secret Mr. Honda tell me technics.

本多さん、雨の中本当にありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します!
I'm so appreciated finishing with Mr. Honda!
I'm looking forward to next fishing with you!!


メッセージを送る