So-net無料ブログ作成
検索選択

11/19, 20, 26, 27 利根川 BMCチームトーナメント第2戦3戦/ Nov. 19, 20, 26 and 27 BMC team tournament 2nd and 3rd [BMC]



遅くなりました。
今年最後の踏ん張りどころシーズンです。
Sorry to be late.
It's beginning a climax season of the year.

先の2週間、連続でBMCチームトーナメントが開催されましたので、利根川に行ってきました。
Previous two weekends had had two BMC team tournament at the Tone river.

ちなみに、18日の朝から、首と肩の筋が張ってしまい、後ろが見れないという悲惨な体調でした。。。
My condition was terrible, can't swing my neck to back.

19日 第2戦の前日プラクティス
Day 19th practice for 2nd team tournament 

この日はsiteBの新井くんにお付き合い頂きました。
Mr. Arai kindly come with me.
IMG_3671.JPG


天候は大雨ですが、まだ水温は13-14度をキープ。
朝の冷え込みを考えると、冬になりかけの秋、といった予想。
The weather was heavy rain, but water temp was still keeping 13C-14C.
Think it is a late autumn not yet into winter.

そんなわけで、シャローレンジのストラクチャーに的を絞って状況を見てみました。
ダメなら本番は多少深いところをやれば良いかと。
Therefore I aim to fish with structure in shallow water.
If it didn't work, just fish in deeper range in the tournament.

で、大雨の中、朝一から
And in first place
IMG_3673.JPG
ポツリポツリをバイトがあって、
新井くんにジャークベイトを教えたり、
IMG_3676.JPG
濁りが入ったところでスピナーベイトとか。
Got a lot of bites.
I taught how to use jerkbait to Arai with get fish.
He also caught fish with spinner bait in murky.
IMG_3682.JPG

サイズが小さいのが気になりますが、やりきればデカイのが出るだろう。
Concerns was size of fishes being not so big, but predicted to get big one in the tourney.

そう思って翌日を迎えました。
Welcome to the day with it.

20日 BMCチームトーナメント第2戦
Day 20th 2nd of BMC team tournament 

ルールを先に言っておきますと、
Firstly I notify the rule of the tournament:

今年のチーム戦は3チーム
ダイワ赤羽修弥プロやエバーグリーン小田島プロが率いるチームオダジャ
エンジン村川プロやOSP斉藤真也プロが率いるチーム茶柱
ノリーズ麻生プロやダイワ草深プロが率いるチーム城南モータース(私所属)。
There are three teams including:
Team Odaja is lead by Mr Akabane of DAIWA and Mr Odajima of EVERGREEN,
Team Chabashira is lead by Mr Murakawa of ENGINE and Mr Saito of OSP, and
Our team Jonan motors is lead by Mr Aso of Nories and Mr Kusabuka of DAIWA.

各船は3匹リミットで釣り、チーム毎に釣った魚を7匹まで検量できる、というルール。
なお、試合中にチームメンバー間で連絡を取り合うことは可能で、釣れてるエリアをシェアできたりします。
よって、チームの戦略がかなり問われるものとなります。
Each team can weigh with seven fishes but one boat can keep three fishes.
Contacting among team members in the tournament is allowed and we can share the primary area in the time.
So the strategy is most important for tournament.

この第2戦においては、検量匹数が7匹に対し、チームの船数7艇なので、
私は基本的に大きいのを狙って動きました。
I aimed only big fish in the tournament because number if limit is seven per number of boat seven.

結果的には、まぁ、単なる言い訳にしかなりませんが、体の不調もあいまって、ミスを多発して、散々な結果に終わりました。
As a result, my gain was poor with my terrible condition.
IMG_3686.JPG
しかし、チームメンバーの釣果が良く、1位をキープして、最終戦を迎えます。
However team members gained so good and our team got 1st place in the tourney.


23日 試合延期
Day 23rd the tournament was postponed 

この日の祝日、BMCレギュラートーナメントを兼ねたケイズカップが霞ヶ浦で開催される予定でしたが、朝の大荒れの天候により、延期となりました。
首の具合が悪い私にとっては、正直助かりました。
It supported to be held final battle of BMC regular tournament in the K's shop tournament, but weather was too bad made tournament postponed.
My condition was still so bad and honestly it helped me.


26日 第3戦の前日プラクティス
Day 26th practice for 3rd(final) team tournament 

肩の具合はだいぶ良くなってきました。
しかし、木曜日に降った初雪と冷え込みにより、魚がどう動いたのかが気になるところ。
My condition was healing.
Worrying for influences of snow fell on Thursday for fish migration.
IMG_3692.JPG
まともに考えれば、深い波消ブロックに魚が集中するでしょう。
しかし、試合となれば、これは誰でも考えるので、釣り勝つにはより魚のコンディションを詰める必要があります。
Commonly, fishes migrated in wave dissipating blocks, but it was realized by some anglers.
If we wanna win the tournament, we need to understand conditions more detail.

水温をみると、11-12度。
大河である利根川、雪の影響があったとは考え難い水温。
すると、思いの外流れが早く、一度水温が下がってから上がった、と考えるのが妥当。
口は使いにくそうだな。
Water temp was 11C-12C.
Tone river being big river must be influenced the snowy water, so that it may estimate that water temp was once down sharply and up to current degrees.
Metabolism might be down.

そんなわけで、この日のコンディションチェックは、水質のチェックと、魚のポジション探し。
So I checked water clarity and fish positions.

結果的に、やる気のある魚は2-3m位にはいるが、
基本的にフィーディングの回数は激減してる、
と判断。
And estimated the number of feeding is decreasing but they seems feeling in 6-10feet depth.

ある程度、信頼が置けるところで時間をかけるのと、
バスをルアーにコールアップさせるのではなく、バスのレンジにルアーを送ってやる必要がありそうかな。
So it's good for spending a lot of time to fish in confidence spot and need to retrieve nearby fish.

今回の試合は最終戦であり、チームでの検量数は15匹。
バイト数は先週に比べると激減してて、かつ、あんまり小さい魚はバイトしなくなった。
ならば、チームでリミット15匹を釣れば勝てるだろう。
The final team tournament regulated the number of weigh- in being fifteen fishes.
Bite chance feels decreasing sharply and smaller fish apt to no bite.
If we could make team limit, it's chance to win. That my expectations.

そんな感じで、チーム司令塔の草深さんと整合。
It was consensus with Mr Kusabuka.

27日 BMCチームトーナメント最終戦
Day 27th final team tournament 

IMG_3700.JPG

結果から先に言わせて頂くと、他のチームはリミットが揃わない中、我がチーム城南モータースはリミットメイクして、ブッチギリの優勝を決めました。
Let me tell the result firstly, our team Jonan-motors achieved the limit number of fish made us win with big margin.
IMG_3704.JPG

戦略は上述した通り+支流のチェック。
1艇、指令に歯向かった船がいましたが(笑)
結果オーライでした。
Our strategy was described above and checking tributary.

我はというと、バイト数は5つで取れたは2匹。
波消ブロックでのシャッドでした。
In my case was five bites and two fishes with approaching wave dissipating block.

チーム城南モータース、おめでとうございました!
Congrats our team Jonan motors!
IMG_3709.JPG

私はこれから先、まだ2週間連続で試合です^^;
Tournaments that I should participate are continue next two weekends.




iPhoneから送信

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。