So-net無料ブログ作成
検索選択

シャッドラップ [日々日常也]


名品、シャッドラップSR5を複数個、購入しました。

140503_070621.jpg

SR5は、何気に我の一群ルアーの1つで、去年末の〆バスもこのルアーで仕留めました。

しかし、年明けの将監川で謎のビッグフィッシュを掛けてしまい走りを止められず、杭に巻かれて持っていかれてしまいました。


で、ここで問題発生なんです。
何かというと、この名品、個体ごとに微妙な動き(ピッチ)のバラツキがある、と個人的に感じてるんです。
どの動きも釣れると思うんですが、個人的に好みの動き、っていうのがあるじゃないですか。

持っていかれたSR5は、我の持ってるSR5の中でも一群中の一群でした。

同レベルの物を探すには、大量購入して層別するほかありません。


懐事情もありますんで、中古で探し回っていたんですが、SR7はけっこう見つかるもののSR5は中々無かったもので、新品購入に踏み切りました。


んで、今、何をやってるのか、と申しますと、フックアイの根元に、接着剤を充填して、乾かしてます。


意外と、フックアイのコーティングが欠けていたりして、水が入る可能性があるんで、それを確実に防ぐためです。

時々、水中にロストされたシャッドラップを見つけると、浸水でボディのコーティングの内側が黒くなってることがあるんですよ。
このような状態になると、浮力が超低くなります。

まぁ、通常の使用だったら、そこまで気にする必要はないと思いますが、我は気になるんで、状態を確実にキープするためにやります。
また、こう感じたのは昔の話(我が高校生の頃=約20年前?に感じたこと)なので、現在の製品にこのような現象が起こることがあるのかも不明です。


これの次の作業は、実際のスイムテストです。
我の好みの動きが出てるやつが居れば良いんですが…

ところで、最近のものはリップの標記が簡易になったんですね…
140503_074422.jpg
一番上が今回購入したもので、標記は「RAPARA SHAD RAP 5」のみ。
古い下の二つは「DEEP RUNNNER 5」の標記と共に、製造国である「FINLAND」「IRELAND」が。

個人的に、IRELAND物のほうがバラつきの幅が広い気がしますが・・・
※×マークは二軍の印です(苦笑)

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 4

かじまい

思えば私の初バスはDeep Runner@木曽川でした。。。
by かじまい (2014-05-03 19:17) 

釣り侍

バルサ系のルアーはバラツキがありますよね。
良く釣れたルアーがロストした時に、買い直すと釣れない事が多々ありますね。

by 釣り侍 (2014-05-06 08:56) 

おしょう

>かじまいさん
おぉ、思い出のルアーなんですね!やはり名品!
by おしょう (2014-05-07 19:43) 

おしょう

>釣り侍さん
そうなんですよ。素材が軽い分、仕方がないことなんでしょうかね~。
ロストは非常に痛いです。プラと違って、全く同じものはないので・・・
by おしょう (2014-05-07 19:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。