So-net無料ブログ作成
検索選択

湾奥メバリストそば!のメバル釣り講座 [釣り講座]

…思えば、ブログに移管したせいで、過去の記事が見られなくなってますね。

ふと思ったんで、この時期にアツイ(?のか?)メバル講座を改めて。
ちなみに、我は日中の船からしかメバルを釣りしたことがないので、あしからず。
また、2005年当時の記事なんで、信憑性が何処まであるかは不安です。


↑最近は行ってないみたいだけど…

木場で蕎麦屋を営み
毎夜深夜に釣行を重ねる
我が友人 そば!!氏に
メバル釣りの基礎~応用を
会話形式で載せてみたいと思います。

我:じゃぁ そばやん、宜しくお願いします。
そ:はい宜しくお願いします。

我:先ず聞きたいのは
  初めてメバル釣りに行く場合
  どのような所に焦点を絞って
  場所(ポイント)を選ぶか

  というところからお願いします

そ:湾奥に関して言えば
  ズバリ!ベイトの集まる場所。

  ベイトはイソメ類・エビ・カニ・小魚(小鰯等)

  主にそれらが多い場所としては
  ゴロタ場・岸壁・シャローの岩場・カケアガリ

  目安としては黒い貝やカキが
  ビッチリと付いている所
がベストかな

  特に黒い貝が
  岩などにビッチリ付いている場所には
  ほぼメバルは居ます

  更に
  そこがディープ隣接のカケアガリならば
  正にベストスポットと言えるでしょう

  この時期のメバルは
  産卵目的にシャローに挿してきた大型と
  シャローに小さな餌を求めてくる小型の
  2種類が存在します

  特に湾奥は大型メバルの産卵に最適な
  岩の多いカケアガリやシャローが多いので
  比較的大型が釣れます

我:「ベイトが集まる場所」にメバルが居る
  てのは分かりますが
  「カキ」や「黒い貝」が有る所が良い
  てのは何故?

そ:それは…ヒ・ミ・ツ!!(爆)

我:いやいや
  キモを教えてくれないと
  企画倒れになっちゃうから
  教えてよーーー!

そ:そぉか…つかイキナリ極論がきましたね!

  何故 黒い貝が良いか というと
  黒い貝(紫イガイ)は
  水中に含まれる栄養の高い場所
  つまり
  栄養を多く含む汽水が程よく含まれる場所
  汽水がキツ過ぎ無い場所
  に生息するんです

  と 言うことは
  =潮通しの良い場所
  =ベイトが溜まる
  =カニ・エビ・イソメ類にも最適
  で さらに隠れ家的要素もある

  メバルを探すに当たって
  黒い貝は、ひとつの目安になりますね

我:なるほど
  これは貴重な意見ですね!

  ところで
  「ディープ」「シャロー」って言葉が出たけど
  この場合 大体何メーターになります?

  まぁ海は潮の満引があるから
  一概には言えないかもしれないけど
  一応 参考程度に

そ:ブラックの人はシビアだねぇ(笑)

我:そばやんもイースタンプロじゃん(笑)

そ:おー そうだった(笑)

  潮の満ち引きは平均として考えて
  地形的にシャロー・ディープ
  と思ってもらってよい
と思う

  湾奥で言うなら
  5メーターってのが一つの基準かな?

  5メーターより浅ければシャロー
  ってなるかも?

  まぁ そんな基準よりも
  地形的にカケアガリの上が5メーター
  下が15メーターなら
  5メーターでシャローだし

  また
  上が1メーターで下が8メーターなら
  8メーターでディープだし

  潮の満ち引きで魚は動くからねぇ…

我:我みたいにアンマリ海をやらない人は
  潮の動き
  ってのが良く分からないのだけど
  どんな日・どんな潮が一番良いのか?
  を教えてください

そ:どの潮廻りが良いとは断定は難しいけど
  潮位があって程好く流れがあるのが
  一般的にはベストとされている

  しかし
  ポイント・風・地形・潮廻りによって
  状況は変化するし
  潮位が低い 流れが無い
  といって全く釣れない訳でもない

  そのポイント毎にベストな潮廻りを
  掴めば爆釣の確立が高くなる

  経験から言うと
  大潮廻りは時合いは短いけど
  爆釣の可能性を秘めている

  小潮廻りは時合いを掴みづらいけど
  コンスタントに釣れる時間が長い

  海の魚全体に言える事だけど
  やっぱり基本的には
  満潮からの下げ始め
  ソコリからの上げ始め
  のように
  潮の動きの変わり際
  は魚は活発に餌を追います

  ただこれは様々な要素(風・地形など)
  が加わり
  その日の状況が変化する

  とわ言っても難しく考えず
  比較的簡単に釣れてしまうのが
  メバルの良いところです♪

我:つまり潮は動いていれば良い
  それよりも他の要素が加わった方が良い
  ということですね?

そ:逆に他の要素が加わって
  駄目になる時も多々ある

  まぁ余り気にすることは無いと思います

  寒い時期の夜釣りがメインなので
  寒波の中 我慢しながら入れ食いしても
  「面白辛い」
  になってしまいますからね(笑)

我:じゃ次にタックルについて聞かせてください

そ:ロッドに関しては
  現在のメバルブーム?のため
  各社から専用ロッドが出てますから
  それを使用するに越したことは無いですが
  湾奥に関しては7ftを超えるロングロッドは
  殆どの場合必要ありません
  6~6.6ftぐらいのものが扱いやすいです

  専用でなければ
  トラウトロッドやバスロッドのULアクションや
  今ならミドスト用ロッドなんかが
  丁度良いですね

  バスロッドの場合
  張りがある物だと魚のノリが悪くなります
  アタリやボトムが良く取れるので
  ノリの悪ささえ克服できれば
  バスやってる人なら使って楽しいと思います

  リールは私は2000番を使ってますが
  ロッドに合ったリールでOK!

  ラインは私の場合
  根ズレや感度重視のため
  フロロ2lb~3lbを使用します。

  ただライトリグを使う夜釣りなので
  慣れていないならナイロン3~4がお勧め
  感度は鈍るけど
トラブルするよりマシ

  ルアーに関して言えば
  メインとなるのは
  1/32oz~1/8ozのジグヘッドに
  メバル用ワーム

  これも専用が多くラインナップされてきたので
  それを使うに越したことは無いですね

  基本的には
  ストレート・グラブ・シャッド・エビとありますが
  シチュエーションや状況にあわせて
  好きなものを使えば良いと思います

  カラーは様々なものがあるので
  色々試してもらいたい

  ジグヘッドの重さも状況によりけり

我:他にお勧めルアーってありますか?

そ:フィッシュイーターなので
  プラグでも十分釣れます

  メバル釣りは発展途上なので
  他にも色々試す価値はあると思います

  私はボイルしている時なんかは
  トップを使って面白い釣りをしてます

  プラグ類なんかはトラウト用と類似してますね

我:他にコレはあった方が便利!!
  という物って何かあります?

そ:夜釣りがメインなので
  小型ライトは必須ですね~

  後は当然ですが防寒具!

  メバル釣りは寒さとの勝負であります!

我:メバルって夜釣りが一般的だけど
  春頃の沖釣りだと日中モエビ餌で狙うよね?
  なんで夜釣りが一般的なの?

そ:う~ん
  それは難しい質問だな…

  単にメバルは夜行性だから夜が良い
  ってことじゃないかな?

  昼間でも釣れないことは無いだろうけど
  夜の方が魚も餌を求めに岸に寄ってくるし
  (経験上昼間はちょっと深いところに居て
  夜になると浅いところに出てくる感じ)
  警戒心が強く眼が良いと言われるメバルを
  ルアーで狙うにも夜の方が有利であるし
  実際に昼間との釣果の差は歴然です

  ちなみに乗り合いメバル船も
  夜メバル船の方が圧倒的に釣れます

我:いや~色々とありがとうございました!
  以上で質問は終了ですが
  何か最後に一言ありますか?

そ:参考になりましたでしょうか?
  釣りは情報も大事ですが実釣あるのみです
  頑張ってください!!

 
↑詳しい話はこのお店で直接そばやんに聞いてみてくださいなw


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る